RPGツクール用キャラチップの作り方(1/5) はじめに

記事を書こうと思ったきっかけ

先日、RPGツクールMVで、ドキドキ!プリキュアの二次創作ゲーム「岡田ハザード」を制作しました。

freegame-mugen.jp

ゲームで使用するドット絵をいくつか作成したのですが、ドット絵の制作は普通の絵を描くのとは違う独自のテクニックが必要であることが分かってきました。

f:id:nulluo:20190811084230g:plain

↑ゲームで使用したドット絵の例

 

しかし、せっかく習得したテクニックも忘れてしまっては意味がありません。特に、私はそんなに頻繁にドット絵を描く人間ではないので、次にドット絵を描くまでにそれらのテクニックを忘れるのではないかと心配になりました。

そこで、今回のドット絵制作で習得したノウハウを記録に残しておこう!と思い立ったのがこれから公開する一連の記事(全5回予定)を書こうと思った理由です。

このような事情ですので、私個人のための覚書きの性格が強い記事になると思いますが、私と同じような境遇の人の参考になるかもしれないと思い、公開します。

 

この記事の想定読者

以下の2つにあてはまる人が読むと、役に立つ内容が書いてある(かもしれません)

  • RPGツクールMVで使用するキャラチップ(※)を作りたい人
  • MV付属のキャラクタージェネレータでは満足できない。もっと自分が作りたいゲームにぴったりと合うキャラチップを作りたい人

※キャラチップ…RPGツクールで使用するキャラクターの歩行アニメーション用のドット絵のこと。歩行グラフィックとも呼ばれる

 

それでは、下記リンクから記事をご覧ください。

 

nulluo.hatenablog.com